スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

パーツ交換後

本日のエンジンの調子です。吹け上がりは重いです。かぶりやすい感じです。2速から減速クラッチを切った時の動画です。



1100rpmくらいで持ちこたえようとしますが、下がり、AACの補正で一気に1300rpmくらいまで戻っているのがわかります。赤いデジタルが AACの電圧です。そして、次ですが、2速から一時停止でクラッチを切った時は完全にエンストしてしまいました。それを完全暖機まで少しずつ良くなって、完全暖機には正常になります。

完全暖機後、BTDC 15~17°をフラフラしているのは変わりません。

さて、どうしたら良いか・・・。

この回転の落ち方、かぶってるのではないか?経験上・・・。
リーンで失火していたら、クラッチを切ったとたん「ストン!」って落ちますからね~。

その後、BTDC 20°/700rpmとしました。ふけ上がりが全く違います。
あとは、TASとIASの回転数の調整でしょうか。

翌朝も同じく400rpmまで落ち込むので、暖機後、ベースアイドルを調整しました。そこで気づいたのですが、IASは完全締め付け位置から2回転ちょっとまでははまったく回転数が変わりません。ですので、2回転で750rpmでベースアイドル調整を行っても一時的に700rpmにはできないのです。 IASのつまり?昨年私はユニットを全部外して洗浄しましたが・・・。ですので、回転数が上がり始める2回転ちょっとからさらに2回転開き、ベースアイドルを750rpmに調整、700rpmでBTDC 20°を確認、最終、IASで850rpmとしました。

昨日、調整しながら走っていたのですが、暖機後にたまたまAACカプラを付けず、IAS閉め切ったままで走ってしまいましたが、IAAがなくても、暖機後は快調に走るのですね~。冷間時ではどうなんですかね~。エアレギュレーターのアイドルアップだけで走らないものでしょうか?
スポンサーサイト
2009年05月25日 | Comments(1) | Trackback(0) | R31
コメント
こんな状態
自分の車もこんな状態になりますね・・・。自分の車は逆に熱い時?によくなります(山道を走ったりした場合とか)でも意外とサーキットではでないんですよね・・・エンスト起こしそうになってあわててアクセルあおると、爆音発生して白い目で見られるw
イワトビ URL 2009年05月25日 22:46:42 編集

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。